略歴

Email : keikeda at mail.doshisha.ac.jp

1955年7月7日生

1978年3月

東京大学文学部社会心理学専修課程卒業

1980年3月

東京大学大学院社会学研究科社会心理学専門課程修士課程修了社会学修士

1982年3月

同 博士課程中途退学

1990年4月

明治学院大学法学部助教授(政治学科[政治社会学・情報学])

1992年4月

東京大学文学部助教授(社会心理学)

1995年3月

博士(社会心理学)

1995年4月

東京大学大学院人文社会系研究科助教授(大学院大学化に伴う)

2000年8月

同 教授

2013年4月

同志社大学社会学部メディア学科 大学院教授 現在に至る

 

1995年7-9月      ミシガン大学社会調査研究所客員研究員

1996年7-8月.1998年11月 ウェリントン・ビクトリア大学心理学科客員研究員

1997年8月-98年5月 インディアナ大学高等研究所・政治学科客員研究員

2003年8月-9月    トロント大学都市・コミュニティ研究センター・客員研究員

2007年8月-9月    トロント大学社会学科・客員研究員

その他(1992年以後)

1994-1997年     日本認知科学会・認知科学モノグラフ編集委員

1995-1998年度  日本社会心理学会「社会心理学研究」編集委員

1995-2002, 2005-2008, 2011-14年度  日本社会心理学会理事

1995-1996年度  日本社会心理学会常任理事(事務局長)

1996-1997年度  日本選挙学会編集委員会委員

1998-1999年度  日本選挙学会企画委員会委員

1996年  総務庁青少年対策本部「第3回情報化社会と青少年に関する研究 調査」企画・分析委員

1996-1999年度  日本選挙学会監事

1996-1997年度  日本グループダイナミックス学会理事

1997-2002年     日本認知科学会・認知科学辞典編集委員

1997-1998年度  日本社会心理学会常任理事(会報・WWW・将来計画担当)

1997-2010年度  日本世論調査協会評議員

2000-2007年度  日本選挙学会理事

2000-2001年度  日本選挙学会編集委員会副委員長

2000-2002年     明るい選挙推進協会 選挙行動研究会座長

2001-2002年度  日本社会心理学会常任理事(事務局長)

2001年   内閣府「第4回情報化社会と青少年に関する研究 調査」企画・分析委員

2002年 NTTオープンラボ「HIKARI社会における生活空間の変容と自己成長」主査

2003年度         日本選挙学会2003年度編集委員長

2008年8月-16年3月 大阪商業大学JGSS研究センター 嘱託研究員

2008年4月~ Consulting Editor of Asian Journal of Social Psychology

2011-2014年度 日本社会心理学会常任理事(広報委員会担当)

2012-2016年度 日本学術振興会 東日本大震災学術調査実施委員会委員(兼)調査研究班統括責任者

2012年8月~ International Advisory Board on the Journal of Asian and African Studies

2013年度 日本選挙学会学会賞選考委員長(2012年度副委員長)

受賞

  • 平成 6.3 第9回電気通信普及財団賞 テレコム社会科学賞 受賞 (著書『電子ネットワーキングの社会心理』に対して)
  • 平成 9.9 第2回島田賞(日本社会心理学会) 受賞 (著書『転変する政治のリアリティ』に対して)
  • 平成17.5 第7回(2005年)三宅賞 受賞 (論文「2001年参議院選挙と『小泉効果』」、『選挙研究』19号に対して)
  • 平成18.11第4回助成研究論文吉田秀雄賞第2席受賞 (研究「消費の集合的なリアリティと購買行動:スノーボール・サンプリングを用いた日韓オンライン・コミュニティの多文化間・異世代間比較研究」に対して)
  • 平成19.9  平成19年度日本社会心理学会奨励論文賞 (小林哲郎・池田謙一による共同研究論文「若年層の社会化過程における携帯メール利用の効果:パーソナル・ネットワークの同質性・異質性と寛容性に注目して」に対して)
  • 平成22.9  平成22年度日本社会心理学会奨励論文賞 (稲増一憲・池田謙一による共同研究論文「多様化するテレビ報道が有権者の選挙への関心および政治への関与にもたらす効果の検討:内容分析と大規模社会調査の融合を通して」に対して)
  • 平成23.9  平成23年度日本社会心理学会奨励論文賞 (高木大資・辻竜平・池田謙一による共同研究論文「地域コミュニティによる犯罪抑制:地域内の社会関係資本および協力行動に焦点を当てて」に対して)
  • 平成27.2 社会調査・データアーカイブ 共同利用・共同研究拠点事業寄託者表彰、東京大学社会科学研究所、http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/ssjda/prize-depo/2014/   http://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/pdf/302520/2014/poster2014.pdf

査読学会誌等(この10年ほどの間)

  • Journal of Personality and Social Psychology
  • International Political Science Review
  • Political Behavior
  • Political Communication
  • Comparative Political Studies
  • Japanese Journal of Political Science
  • Journal of East Asian Studies
  • iCS (Information, Communication & Society)
  • New Media & Society
  • Social Behavior and Personality
  • Asian Journal of Social Psychology
  • Political Research Quarterly
  • American Political Science Review
  • American Journal of Political Science
  • 日本社会心理学会編集委員長 『社会心理学研究』
  • 日本選挙学会編集委員長 『選挙研究』『選挙学会紀要』
  • Consulting Editor of Asian Journal of Social Psychology
  • 日本政治学会 『年報政治学』
  • 日本心理学会 『心理学研究』
  • 情報通信学会 『情報通信学会誌』
  • 日本学術振興会
  • 日本建築学会『日本建築学会計画系論文集』

コメントは受け付けていません。